花を飾ったら癒されるかも

家の中に花や植物はありますか?

私はなぜかすぐに枯らしてしまうのでトイレにしか置いていません(笑)。ガラ

スのマグカップに庭に生えている草花をちょっと飾ったりしているだけなのです

が、不思議なものでけっこう癒されます。疲れた時も花を見るとホッとしますね。

 

花をじーっと見ていると「どうしてこんなにきれいな色で咲くんだろう」、「こ

んなに良い香りを出すなんて不思議だなぁ」とは思っていましたが、花や植物が

身近にある事で心身に良い影響があると言うのはとくに意識していませんでした。

 

たまには部屋にも飾ってみようかな。何か良い変化があるかもしれません♪

 

 

 

   <目次>

  1.昔から花や植物が好きだった日本人

  2.植物に癒される

  3.花を飾る効果  

  3.最後に

 

 

 

1.昔から花や植物が好きだった日本人


 

<花を飾る>

花を飾るという行為は、日本に仏教が伝わった時に供花として入ってきたと言う

事です。鳥獣戯画の図の中にも花をお供えしている図がありますね。やがて仏教

が広まるとともに仏前以外の場所に花を飾るようになります。

 

江戸時代に上流階級で流行った「いけばな」は流派も誕生して日本の文化となり

ましたが、それとはまた別に、庶民はただ花を花瓶に挿しただけの「なげいれ」

を楽しみました。

 

<花見>

奈良時代の花見は梅でした。平安時代になって桜が注目されるようになったと言

う事ですが、花を見て楽しむというのは上流階級で、庶民に広まるのは江戸時代

になってからです。江戸時代になると、鉢植えが登場したことで庭の無い庶民も

植物を楽しめるようになり、浮世絵にも植物の絵がたくさん描かれています。そ

の中にはなんとサボテンの絵もありました。

 

<自然崇拝>

昔から花や植物には霊力があると思われていました。万葉集には植物を題材にし

たものがたくさんあります。その中には挿頭花(かざし)と言って「髪に花を飾

って植物の生命力を自分に取り込もう」とする様子も詠まれています。

 

また、平安時代、疫病が春の花が散る頃に流行るので、花びらに疫神がついて四

方に分散し疫病がはやるとされました。この疫神を鎮める為に「鎮花祭」が行わ

れるようになり、現在も続いています。

 

 

2.植物に癒される


 

現代はストレス社会と言われ、日々さまざまなストレスを心身に溜め込んでしま

っています。それでも、もともと私たちの身体には「自然治癒力」が備わってい

ることで環境の変化に適用しています。この自然治癒力を維持する為に働く調整

システムがあり、これを統括しているのが「脳」です。この調整システムのバラ

ンスが取れている時には体調が良いのですが、さまざまなストレスでバランスが

崩れると心身に影響が出てしまいます。そして植物はこのバランスを整えてくれ

る効果を持っています。

 

人は昔から植物に癒しの効果がある事を経験として知っていましたが、途中から

西洋・近代医学が登場し、それ以外の療法は衰退しました。しかし近年ではその

効果や効能を医学的、科学的にも検証されるようになった為、近代医学の「代替

療法」として取り入れられています。植物を利用した療法は「植物療法」と言わ

れ、森林療法、園芸療法、アロマテラピーなどがあげられます。

 

森林浴ではマイナスイオンを浴びながら木々が風でこすれる音を聞いたり、揺れ

る様子を見たりしながら五感を使って心身をリフレッシュします。また、部屋に

植物を置いておくだけでも森林浴効果でリラックスできたり、目の疲れが緩和さ

れたり、加湿、空気清浄などの効果があると言われます。

 

「〇〇療法」とまでいかなくても、植物を部屋に置いておけば「ちょっと元気が

出ないなぁ」というような日常的に起こる不調にも効果が期待できそうですね。

 

 

3.花を飾る効果


 

室内に「花」を飾る場合、どんな効果をもたらしてくれるでしょうか?鉢植えの

観葉植物と違うところは良い香りと様々な色を持っている事です。花の持つ香り

には色々な成分があり、高揚感、鎮静効果、リラックスなどの効果を与えてくれ

ます。また、香り(嗅覚)は考える脳を経由せずに直接感じる脳に働きかけて「

良い香り」と感じることで疲れた脳をリセットしてくれます。

 

次に色。実際に花を買いに行く時には、花屋さんに着いてから気に入った花(色)

を決める場合と、「○○色の花を買ってこよう」と初めから色を決めている場合

があると思います。どちらにしても「色」は心身に多少なりとも影響を与えると

考えられますので、下記に色の持つ意味(効果)を簡単にご紹介しておきます。

ご参考まで。。。

 

 イエロー・・・太陽のように明るく楽しい気分にしてくれます。思考力や集中

        力もアップ。

 オレンジ・・・気分を明るくし、部屋の陰の気を払拭してくれます。

 レッド・・・・やる気、元気をもたらす色です。行動したい気分になったり勇

        気を持たせてくれます。

 グリーン・・・癒しの力が強く、ストレスや精神的なダメージがある時に気分

        を落ち着かせてくれます。

 ブルー・・・・冷静な判断をもたらしてくれる色です。高ぶった感情を抑えて

        くれます。

 ホワイト・・・清浄の色です。空間の気をきれいにしてくれます。

 ピンク・・・・気持ちが優しくなります。精神的なストレスの緩和、女らしさ

        がアップなど、女性に嬉しい効果を持った色です。

 パープル・・・鎮静効果、ストレスを緩和してくれます。疲れている時には落

        ち着かせてくれる色です。

 

花を飾ると誰でも掃除したくなると言いますが、皆さんはいかがでしょうか?花

を飾るために片付けたり、掃除したりすると部屋がきれいになってストレスが軽

減されたり、部屋の気も良くなる、というような相乗効果があるそうです。でも、

当たり前ですが…花は生きているのでしっかりお手入れしてあげることが大切で

す。花風水では、枯らしてしまうと逆にパワーを吸い取られてしまうそうですよ!

 

 

3.最後に


 

お客様をお迎えするスペースとかではなく、自分だけの空間にもお花を飾ってみませ

んか?一輪だけでも、草花でも、きっとパワーをくれますよ。

 

それも無理かな…という方は花屋さんに行ってみましょう(笑)。見たことがなかっ

た花があったり、「造花じゃないの!?」と思うくらい不思議な形や鮮やかな色に圧

倒されます。「何だか元気がでないなぁ」という時におすすめです!

 

 

 

 

スポンサーサイト

コメント