お世話になった方へ贈るのは「御中元」?

「御中元」の時期がやってきました。

お世話になったお礼に「お決まりのもの」やこの時期の為にと目星をつけておい

たものを贈る方は多いですよね。

 

でも、毎年「御中元」を贈る方にはそれで良いのですが、先日お世話になったあ

の方へ「感謝の気持ちを贈りたいなぁ」と思っても、ちょうど「御中元」の時期

だからと「御中元」なんて掛け紙をして贈っても良いのでしょうか?「相手に気

を使わせてしまいそうだし、何もなしで贈ったら意味が分からなそうだし」と悩

む場合もあると思います。

 

今回は、そんな時のおすすめをちょっとお伝えしようと思います。

 

「御中元」は会社や地域、家庭によってルールがあります。疑問がある時は必

ず分かる方に確認してください!

 

 

 

   <目次>

  1.「御中元」の意味とお返し

  2.半年間ありがとうの気持ちを伝えるには

  3.日本茶・日本酒を贈るなら…

  4.最後に

 

 

 

1.「御中元」の意味とお返し


 

中元と言うからには、上元も中元も下元もあります。上元は1月15日、中元は

7月15日、下元は10月15日の三元はもともと中国の道教の行事です。この

なかの中元がお盆と結びついて供物を親類やお世話になった方に贈るようになっ

たのが御中元の始まりです。

 

御中元を贈る時期は東日本なら7月初旬から7月15日までが多く、西日本だと8

月初旬から8月15日までとなり、時期を過ぎたら「暑中お見舞い」などとして

贈ります。

 

「御中元、なんて熨斗(のし)付で贈ったらかっこいいかな、大人だし」なんて考

える人はいないと思いますが、時期が合えば贈り物がすべて「御中元」と言うわ

けではありません。御中元の意味としては「これからも継続してお付き合い宜し

くお願いします」となるので、「この度はお世話になって有難うございます」と

か「御中元が届いたのでお返ししなくては失礼かな」と言う時、基本的には「御

中元」としません。「頂いたのでお返しするだけ、今のところ来年自分から送る

予定はありませんと言う場合は「御礼」などが良いかもしれません。

 

 

2.半年間ありがとうの気持ちを伝えるには


 

いつもお世話になっている方にありがとうを伝えたいけれど気を使わせたくない

ので「御中元」じゃちょっと…と言う時にはどうしましょう?

紅白の花結び(蝶結び)の熨斗紙に「御中元」ではなく、「心ばかり」、「いつ

もありがとう」、「感謝」など、いかがですか?相手の顔を思い浮かべながら言

葉を選ぶのも楽しいものです。お店によってですが、このように言葉のリクエス

トが出来るともろもありますし、季節によって柄が変わる掛け紙等が用意されて

いる場合があります。配送で送る場合はお店で対応していないと難しいですが、

自分で送るのなら掛け紙も自分で作成して商品に掛けるのもすてきです。

 

<注意>自分で掛け紙を作成する場合は、のし付の紅白の花結びや図柄の入った

物を使用します。のしも水引も無い白無地の掛け紙は災害見舞等に使うものなの

で注意が必要です。分からない時には必ず確認してください。

 

 

3.日本茶や日本酒を贈るなら…


 

何十件も御中元を贈る方はお送り先ごとに細かい設定は難しいですが、それとは

別に数人に贈る時、もしも「日本茶にしてみようかな、日本酒が良いかな」と考

えている方がいらっしゃいましたら参考にしてみてください。

 

まずは日本茶。私も知らずにやっていた時期があるのですが、差し上げる先が「

お茶好き」と聞いて「値段が高ければ美味しいのだろう」と、今思えば玉露ばか

り年に二回贈っていました。確かに高級なお茶ですし、間違いではないのですが、

玉露は毎日飲むものでもないので「飽きてしまっただろうなぁ」と思います。

 

予算で考えて5千円以上のものだと、玉露が好きな方なら例えば産地違いの玉露

をセットしてみてもらったり、伝統工芸品の茶筒と上級煎茶のセットなどもすて

きです。また、最近ではボトルに入ったおしゃれなお茶も販売されていて、ほう

じ茶や煎茶、玉露などが五千円位〜50万円以上のものまで(!)あります。自

分で購入する事はあまりないと思うので、喜ばれるかもしれませんね。

 

日本茶には色々な種類や味があります。上級の物であっても同じものをたくさん

ではなく違うタイプのお茶をセットにしたり、味はもちろんですが、センスの良

いパッケージがあるとより良いですね。

 

次に日本酒。自分で頂いて困ったエピソードを1つ。冷やして飲むと美味しいタ

イプの日本酒を一升瓶で頂いたのですが、冷蔵庫が小さくて一升瓶が入らなかっ

たのです💦うちの冷蔵庫が小さすぎるのかもしれませんが…(でもちゃんと美味

しくいただきました♪)「贈る方の好みが分かっている」、「大きな冷蔵庫もあ

るぞ」と言う場合はドカンと一升瓶でも喜ばれると思いますが、お酒が好きな事

は知っているけれど好みが分からない、と言う時は色々な味が楽しめるように四

合瓶のセット、小瓶のセットがおすすめです。産地や蔵元にこだわるのも良いと

おもいます。

 

 

4.最後に


 

御中元は昔から続く大切な習慣です。会社や親戚等に贈る「御中元」はもちろん

ですが、親しい友人間で贈りあうのも増えているようです。そのように気軽に贈

ることが出来る場合に限っては、是非「いつもありがとう」「心ばかり」「感謝」

のような一言メッセージを短冊や掛け紙に利用してみてください。

 

ただし、お店によっては出来ない事もありますし、上記の様な使い方を良しとし

ない場合もあるかもしれませんので、確認する等、ご自身の判断でお願いいたし

ます。