母の日・父の日に日本茶でおもてなし

今年はコロナの影響でなかなか外出できませんね。なので母の日・父の日にピン

ポイントで会いに行くのは難しいかも知れませんが、また外出できるようになっ

た時には、美味しいお茶時間をお楽しみください***

 

 

戦国の武将も楽しんでいた茶会。でも、一般庶民に現代のような形で飲まれるよ

うになったのは江戸時代になってからです。最近では急須でお茶を淹れることが

少なくなってきているようですが、だからこそ美味しいお茶を目の前で淹れて差

し上げると言う「おもてなし」をしてみませんか?「こんなに美味しいお茶が淹

れられるなんてさすがだなぁ…」と感動して頂いたところでプレゼントを差し上

げる、なんていかかでしょうか?

 

おもてなしと言っても「茶道」の様な作法を…ではなくていつもご両親が飲んで

いるお茶を感謝の気持ちを込めて丁寧に淹れて差し上げる、と言う提案です。心

のこもったお茶はきっと喜んでもらえますよ!

 

 

 

   <目次>

  1.庶民のお茶

  2.相手の好みのお茶を淹れる

   2-1.味(お茶の種類)のリサーチ

   2-2.温度で選ぶ

   2-3.器のおすすめ

  3.お茶に合うお菓子を探すには?

  4.最後に 〜抹茶を点ててみる!?〜

 

 

 

1.庶民のお茶


 

元々遣唐使によって中国から伝わったお茶は武家、僧侶、公家などの間で定着し

ていましたが、富裕な町人にも広がって行きました。庶民もお茶を飲む事が多く

なってはきましたが、こちらは茶の湯で用いられる抹茶ではなく、摘んだ茶葉を

乾燥させたり釜で炒って煮だしたりして飲むものでした。その後、現在の様なお

茶の製法、飲み方が誕生すると江戸で人気になり観光地などでは茶屋も出来て庶

民の生活の中に定着して行きました。

 

 

2.相手の好みのお茶を淹れる


 

いつもはどんなタイプのお茶を飲んでいるのか、熱々で飲むのが好きなのか、を

何気なくリサーチしておきましょう(^_-)

いつものお茶を美味しく淹れて差し上げるのか、いつもと違う種類のお茶でお

もてなしするのか好みのお茶をリサーチしつつ準備して見てください。

 

2-1.味(お茶の種類)のリサーチ

 普段飲んでいるお茶を推測 煎 茶

深蒸し

煎茶

玄米茶

 抹茶

 入り

番 茶 焙じ茶

 左記

 以外

細かい茶葉で水色が濃い緑  〇  
茶葉が細く濃い緑だったら  〇
抹茶が入っている  〇  〇  〇  〇
あられが入っている  〇
茶葉が茶色なら  〇  〇  〇
茶葉が大きめなら  〇  〇  〇
ティーバック  〇  〇  〇  〇  〇
旨味のある味(甘み)  〇  〇  〇  〇
キリッと渋味のある味  〇    〇  〇

※見た目の色や味の感じ方は個人それぞれなので目安と考えて下さい

 

2-2.温度の好み

好みの湯温は? 煎茶 深蒸し煎茶 玄米茶 くき茶 焙じ茶 抹茶入り
熱々が好き(80℃以上)
普通(70℃〜80℃)

ちょっとぬるめ

※好みの湯温に対して〇印の茶種がおすすめです

 

2-3.茶器

高級な茶器ほど良いというのではなく、茶種に合っているか、その場の雰囲気に

合っているのか、相手の好みに合っているのかを考えてみると良いと思います。

ただし茶碗に関して、高温で淹れるものは大きめで厚いものでないと熱くて持て

ないかもしれません。少し冷まして淹れるタイプは熱湯で淹れるものより小振り

で気に入った柄や形の磁器茶碗で良いと思います。煎茶を淹れる場合は水色(お

茶の色)がきれいなので中が白いものがおすすめで、特に深蒸し煎茶を淹れると

濃い緑色がとてもきれいですよ。

 

 

3.お茶に合うお菓子を探すには?


 

好きなお茶で好きなお菓子を食べればよいですが、せっかくなのでお茶とお茶請

けのおすすめをご紹介します。

 

考え方としてはお茶、お菓子どちらかの個性を消してしまわない事を考えると分

かりやすいです。

煎茶・・・煎茶は旨味と渋味も持っているので、お饅頭・干菓子・生菓子など

和菓子はほとんど合うと思います。洋菓子の場合は甘すぎず、コクのありすぎる

もの以外なら味のバランスが取れるのではないでしょうか。

 

深蒸し煎茶・・・深蒸し煎茶はコクがあるので、ケーキなど洋菓子類に合わせ

ても美味しいですし、和菓子でもどら焼きの様なコクを感じられるものはバラン

スが良いと思います。

 

玄米茶・・・高温のお湯で淹れられる事、炒ったお米の香ばしい香りがある事

からどら焼きや最中のように皮が焼いてあるもの(笑)、おせんべいも合います

ね。洋菓子も焼き菓子など、試してみてください。

 

ほうじ茶・番茶・・・さっぱり味の番茶、香ばしいほうじ茶はおせんべいと合

います。かりんとうも合いますし、ちょっと渋いですが、お漬物とも相性が良い

です。漬物好きのご両親なら美味しい漬物を探して、すてきな器に盛り付けてお

出ししてみてはいかがでしょう。

 

いつものお茶を淹れるだけと思わず、トレーを使ったりお菓子のお皿にも気配り

を。おもてなしですから、茶托も使いましょう!木目のある茶托は木目を横に、

お茶はお客様から見て右、お菓子は左です。気合と気持ちを込めて淹れたお茶は

必ず美味しくなりますよ(^^)/

 

 

4.最後に 〜抹茶を点ててみる!?〜


 

せっかくだし「抹茶を出したらびっくりするかもしれない」、やってみよう!と

思った方いらっしゃいませんか?「抹茶を点てる」と言うと「お茶は習っていな

いのでムリ」と思われがちですが、カジュアルにお作法抜きで点ててみるのはい

かがでしょうか?「難しい」と言う方もいらっしゃるのですが、少し練習すると

出来る方も…ただ、茶筅は中々家に常備していないですよね。

 

そうしたら!ミルクフォーマ―であっという間に出来上がり。美味しい抹茶はそ

れなりのお値段で、保存も大変です。普段使わない方は、スティックタイプの抹

茶が便利です。スティックタイプならおそらくパッケージに点て方は書いてある

と思いますが、1人分は約2g(約スプーン1杯)、お湯の量は60mlぐらいで練

習してみてください。ボウルタイプの茶碗に抹茶を入れたら少し水を入れて練り

練りしてからお湯を入れてください。細かい泡が出たら出来上がり、数秒です。

 

「やっぱりムリ…」と思ったら、少し牛乳と砂糖を足して再度ミルクフォーマー

でブ〜ンと、数秒で抹茶オレになります(笑)。

 

抹茶の味は皆さんもうご存知だと思うので、美味しいお菓子に合わせてお楽しみ

ください。ミルクフォーマーは浅い器だと飛び散る可能性があるのでご注意を!

Good luck(*^^)v

 

 

 

1